一年の計は元旦になし

December 31, 2016

 


あけましておめでとうございます。

 

新年なので1日1記事にチャレンジしてみることに。
いつまで続くかまったく保証できないものの、節目があるなら利用してもよいでしょう。

 

元旦というのは1年のうち、もっとも切りのいい日のひとつ。
スタートの切りのよさでは、ほかに新年度の4月1日と誕生日でしょうか。

 

日付なんてものは、だれかが勝手決めたもので、それがなければいつもの寒い日でしかないから、切りのよさなってものは、思い込みでしかないわけだけど、世の中の多くの人たちがその思い込みを、所与のものとして当たり前に受け入れているんで、利用はしやすいはず。

 

なのですが、そうでないこともしばしばあります。

 

はじまりの日なので、その年の目標や計画を決める人も多いでしょう。

 

個人的にはこれが苦手。

 

切りのよさというのは、だれかが決めた日でしかなく、一方、「自分はこれをする!」という目標めいたものが、頭の中に思い浮かぶタイミングは、それとは関係なくやってきます。

 

そのタイミングのほうを大事にしたい。思い立ったが吉日ってやつで、それが元旦に来るとは限らない。365日いつ来るかわからないので、単純にその確率は1/365です。そんな低確率の1日で、自分の1年を縛りたくないなと思うのです。

 

なので、1月1日は、その日にたまたま思いついたことを、思いついた限りでやるのみ。

 

で、記事をひとつ書いてみようかなと思い立ち、これを書いた次第。

 

15分くらいで1日1本続いたらいいかなという妄想も込めて。

 

実際、1日の最初に雑文をざざっと書くと、その日はテンポよく過ごせます。手と頭を使って、何かをアウトプットしているので、それが1日の初動となる。何もしないでうだうだする時間がカットされるので、その分、効率的に動けるってわけです。

 

ムダに過ごすのも嫌いじゃないのですが、やるべきこともやりたいこともいろいろあるので、それなりに努めて過ごしたいと思います。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

Please reload

Recent Posts

Monday, December 18, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Me
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

※本ブログの掲載記事の取り扱いは、出典表記や特別な注記がない限り、クリエイティブコモンズCC-BY-2.1-JP ライセンスに従うものとします。