41歳文系ノンプログラマ、ハード連携開発に挑戦す ~第1話「1年がかりできっかけをつかむ」

December 30, 2015

 

前記事でいかにプログラムの勉強をはじめて来なかったかをとうとうと語ってみましたが、40歳をすぎてようやくやり続けようとするきっかけをつかみました。

 

腰が重い人間にとって、「きっかけ」というのはひとつではダメらしく、いろんなことが同じくらいのタイミングで幾重にも重なって、ようやく動き出すようです。

 

 

本を読んでみた

 

 

2014年の連休に出張先の青森から温泉旅館を泊まり歩きながら、東京の実家まで南下するというアホ企画をひとりでやったときに、プログラミングについて勉強しようと思い、WEBで「初心者は読んどけ」みたいなおススメ本を探して、数冊買い込み、読みながら旅をしてみました。

 

プログラマをやってる仲間からは「ハラさんらしい入り方ですね(=座学じゃなくてとりあえずなんか書かないのか、あんたは)」と笑われたりしましたが、いきなりプログラムを書き出して、「わからん!めんどくさ!」となっては、次のきっかけまでまた何年かかるかw

 

「やろう!」という気持ちになるために、心のハードルをそう下げるかが問題であり、そのためのきっかけ探しなので、心の動きに素直に従うのが正解ってもんです。

 

その意味では、清水亮さんの「教養としてのプログラミング講座」がよかった。

 

清水さんには、2年ほど前に仙台でenchant.jsを使ったビジュアルプログラミング言語の講座を開いてもらったことがあり、教養としてのプログラムについて直接、講演で伺う機会をいただいていました。

 

以下余談ですが、最初のご縁は10年前に清水さんの会社に飛び込み営業をして、着メロ制作のお仕事をいただいたときでした。前回の記事で、仕事でひとり炎上してPHPにチャレンジをした話をしましたが、ちょうどその頃です。

 

このときは、「3か月後の決算までに2,000万円売り上げないと会社がつぶれる。仙台の本社で部下をつけて事業部長に昇格させるから、何とかしてくれ」と言われ、部下を持つことも営業をすることも経験のないまま、ケータイコンテンツに関係しそうな会社に、「なんでもするから仕事くれ」と、片っ端からメールを出しまくって、営業に駆けずり回りました。

 

2005年秋の時点で、ケータイコンテンツ専業の制作会社はまだ少なく、ましてやこの分野で飛び込みで営業をかけまくる会社なんて、ほとんどなかったはずです。しかも東北から。珍しがられたのと、ケータイコンテンツ制作は仕事がたくさんあったので、出したメールの総数に対して、返信率20%、アポ率10%という驚異の打率で、なんとかしのぐことができました。

 

清水さんの会社は、そのときにお仕事をくれたうちの1社。その節はお世話になりました。

 

ともあれ、清水さんの本を読めたのが、きっかけのひとつ目でした。

 


Scratchをはじめてみた

 

2015年1月。街角のカフェで「プログミングカフェ」という活動に誘われて、運営をはじめることになりました。

 

職業としてプログラマを目指すとかではなく、ご近所の人たちが、大人も子どもも、自由な表現を楽しみながらコミュニケーションできる場として、Scratchでいろんなものを作って見せ合う不定期な集いをやろうというのが、開催の主旨。

 

地域で小さなコミュニティを作ることに興味があったので、この企画にのっかりました。

 

 

Scratchの存在を知ったのは、仙台で友人の砂金さんが開いているCoder Dojoという取り組み。子どもが楽しそうに覚えていく様子を見たので、これはノンプログラマの素人でも楽しめるんじゃないかなと。

 

ここを自分のきっかけとすべく、Scratchのアカウントを作って、ちまちまプロジェクト(=Scratchで作る作品のこと)を作ってみました。

 

参加者はみんな初心者だからテキストも必要だろうってことで、パワポでこれまた、ちまちま作りはじめました。子どもでも読めるように、元・教材編集者の血が騒ぎ、パワポで総ルビという細かい作業も延々と。

 

昔、小学館発行のマンガって、セリフが総ルビでしたよね。ドラえもんとか。子どもたちへのそうした丁寧な対応を、その恩恵にあずかった我々、第2次ベビーブーマーもしっかりと受け継がねばならん。あれで漢字や語彙を増やすことができたようなもんだ。

 

 

毎月やるので、毎月Scratchをいじる機会がやってきます。ブロックを組み立ててプログラムを作るので、比較的ハードルも低く、挫折せずに続きました。

 

やってくうちに、Scratchで最初に使うキャラのネコさんを、走らせたり、壁にぶつけて跳ね返らせたり、アクロバティックにジャンプさせてみたり、ミサイルを撃ってみたり、いろいろ手数も増えてきました。

 

ちょっと難しいゲームを作りかけたり(←完成はしていない)もしつつ、1年近く続けてみたある日。

 

 

年内最後のプログラミングカフェで「クリスマスカード」を作ろうというお題になり、3つほど作ってみました

 

ここで「自分でできることで、好きな表現を楽しむ」という感覚が、自分のものなった瞬間を迎えました。

 

クリスマスカードという「目的」があり、これまでに身につけた「手数」があり、こういうのを作ったら面白いかもという「アイデア」があり、これらがうまく重なったんですね。

 

あー、この3つが表現の心地よさを覚える要素なんだなと。

 

 

ちょうどScratchで「不思議の国のアリス」150周年の作品を募集していたので、アリスのコンテンツを投稿するという目的でプロジェクトを作ってみたら、やっぱり同じ感覚に。

 

これが2つ目のきっかけになりました。

 


ハッカソンが、価値の表現を競う場になった

 

3つ目はこれ。ファシリテーターとして、ハッカソン開催をいくつか手掛けてきましたが、SPAJAM2015の各地の予選を見ていると、参加するクリエーターのみなさんが、いろんなAPIやハードを使って、楽しいものをドンドン生み出してくる。

 

いろんな業界の企業などから提供されているツール類が自由に使えるようになり、ハッカソンが、技術力云々というより、“体験させたい価値を如何に表現できるか”を競う場に見えてきました。

 

 

数年前だったら特定の大企業だけが独占的に握っていたであろう技術を、作り手の人たちが自由に使って楽しんでいる。何か、自分でも手が届く世界がやってきたんじゃないかって、そんな感覚にワクワクしてきました。

 

これがきっかけの3つ目。

 

ちなみに、恒例の石巻ハッカソンの発表会では、移動中にScratchで作ったプロジェクトを、司会者特権でちゃっかりプレゼンしちゃいました。

 

 

 

 


福野さんに「Ichigojam」のテキストをいただく

 

SPAJAM2015の鯖江予選で、開催に協力いただいたjig.jpの福野さんから、Ichigojamのテキストをいただきました。

 

Ichigojamは福野さんが開発した子ども向けの小型コンピュータで、BASICという初心者向けのコンピュータ言語を使って、プログラムを組むことができます。鯖江市の小学校でも導入されはじめ、遠くモンゴルでは高専向けの教材としても採用されたんだとか。

 

福野さんから直々にテキストをいただいたことでワクワクが増大。これで、ScratchのブロックのほかにBASICで言語を書くという機会が生まれました。

 

忙しさにかまけて1か月ほど経たのち、いよいよ本体を購入しようということで、秋葉原にある電子部品の販売店「秋月電子」に足を運び、Ichigojamの「Get Started Set」と小型モニタを購入。

 

 

 

テキストに沿って書いてみると、おぉ、動くじゃないか!

 

きっかけの4つ目をいただきました。

 


「Raspberry Pi」で電子工作デビュー

 

ちょうどその頃、四国の今岡さんが、Raspberry PiとScratchでロボットカーを走らせる電子工作入門の本を出されました。

今岡さんは、ITコミュニティの活動で岐阜などでお世話になった方で、Scratchで家電を動かす記事なんかも拝見していたので、そういうのもできるようになりたいなぁとぼんやり思っていたのですが、初心者でもできそうなテキストを出されたので、この勢いで電子工作だ!ということで、再び秋月電子へ。今岡さんの本は、どの章でどの部品が必要なのか一覧でリスト化されていてステキです。

 

秋月電子の狭い店内をうろうろしていると、いろんなセンサーが少額で売られていて、金額的には手が届く範囲でこんなに面白いものが並んでいるのかと、またまたワクワクが増大。

 

ほしい部品がどれだかよくわからないイライラも、ワクワクが勝ることでなんとか乗り切り、足りないものは千石電商まで探しに行ったりして、一部はそろわなかったものの、テキストの最初のところは手をつけられる状態に。

 

Raspbery Pi用にHDMIで接続できるモニタがほしかったので、ついでに大井町のイトーヨーカドーに寄って、17型の薄型TVを購入。

 

 

物欲を満たすとテンションもあがるってもんです。

 

実家でRaspberry Piを起動させ、モバイルルーターへの接続やScratchの立ち上げも成功。

 

 

電子工作は、はんだごてを扱うところが、自分にとっては心理的ハードルの高いところ。しかし、今回はブレッドボードにワイヤーをつなぐだけ。

 

すでに春先に、地元の小学校で子ども向けに行われていたRaspberry Piを使った電子工作の活動を見学させていたので、これも心のハードルを下げてくれていました。

 

そしてテキストに沿ってやってみると・・・

 

 

おー、動いたぞー!LEDを光らせたり、アナライザーを作ってみたり。

 

小学校高学年くらいから、理科の実験が嫌いでした。

 

理由は、器具の出し入れがめんどくさいから。試験管やらビーカーやら何やらと、どこから何を出してきて、何をどこにしまうとか、もうわけわからん。

 

「片付けるなら最初から出すな!もう!」みたいな、改めて書いてみると、我ながら意味のわからん嫌がり方です。

 

小学生のときは学研の科学を取っていましたが、付録は開けませんでした。理由はめんどくさいから。親は科学に関心を持たせたかったのでしょうか。母がアマチュア詩人で父がプロの文筆家で、子どもがいきなり科学に目覚めるわけないでしょうに。

 

同じ理由で電子工作も抵抗感があり、はんだごてがその権化に見えてくるわけですが、いろいろ楽しくなってくると、きっとはじめちゃったりするんでしょう。いまはそのときを待つのみ。

 

そんな自分でも楽しめるものを与えてくれた今岡さんとブレッドボードに感謝。

 

これがきっかけの5つ目。

 

そういえば、仙台の砂金さんには、2015年の春に秋田でRaspberry Piのハッカソンをやってもらったんでした。会場の秋田県五城目町がラズベリーの産地なのでというダジャレで。あのときは運営側だったのにで、残念無念のやりそびれ。来年こそは。

 

 


佐々木さん渾身の「FaBo」あらわる!

 

そして最後のきっかけは会津若松にありました。

 

会津若松に本社を構えるGclueの佐々木さんは、ガラケー時代から東北のモバイル向け開発の雄。

 

スマホアプリ、ハード連携などもいち早く着手していて、2014年からは蔵を改装してデジタルファブリケーションの拠点を作り、ついにハード連携のプロトタイピングツール「FaBo」の商品化に至りました。

 

LEDやらボタンやらセンサーやら、あらゆるパーツが統一したモジュールになっていて、ボードにパチパチつないでサンプルコードをなぞってプログラムを書けば動いちゃう。

 

 

 

これは使える!ということで、私が企画・運営をしていたハッカソンでも、佐々木さんを講師にお招きして早速導入。参加者のエンジニアの方々にも大好評。

 

しかもこれ、IchigojamやRaspberry Piでも動かせるようにシールドも開発済み!

 

わー、やりたい!やりたいですぞ!

 

と騒いでいたら、佐々木さんがFaBoのモジュールをいくつか分けてくれました。これも直々にいただいたからには、モノにせねば!

 

ということで、これが6つ目のきっかけになりました。
(FaBoに触るのはまだこれからです)

 

 

人や活動との出会いできっかけが重なり合う

 

面白い人や活動との出会いがたくさんあって、それが同じタイミングできっかけをもたらすことで、重い腰がようやくあがってくるわけです。

 

福野さんに最初に出会ったのは、仙台でITベンチャーをやってた2007年に、地方でITベンチャーをやってる先輩に出会いたくて、人づてに鯖江まで押し掛けたときだし、佐々木さんがハード連携の楽しさを語ってくれたのは2011年の夏。佐々木さんの友人だった今岡さんに出会ったのも同じ頃。

 

そのときは「ふんふん、なるほど。これはITで活躍する人たちに広めなければ」とか思いつつ、自分が作り手になるような反応の仕方ができなかった。

 

でも、こういう出会いがあったおかげで、41歳にしてようやく「楽しいから俺もやってみよう!」となれた。

 

東京の清水さん、仙台の砂金さん、鯖江の福野さん、四国の今岡さん、会津の佐々木さん。これだけ全国各地の名だたる方々に直接お話を聞く機会に恵まれながら、ようやくはじめるこの鈍さ。普通、プログラミングに興味を持っただけで、こんなお歴々の方々にわざわざ会いに行く人はいないでしょうし、そもそも会えないです。贅沢に過ぎるってもんです。

 

「お前のやることはプログラミングじゃないでしょ」と言われて10年を経て、やっとこさ、スタートです。

 

(つづく)

Please reload

Recent Posts

Monday, December 18, 2017

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Me
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle

※本ブログの掲載記事の取り扱いは、出典表記や特別な注記がない限り、クリエイティブコモンズCC-BY-2.1-JP ライセンスに従うものとします。