検索
  • Ryo Hara

寒すぎず、暑すぎずな仙台


三連休は仙台の自宅で仕事をしていました。

さすがに1月なので寒さを感じます。エアコンを18度に設定しただけでは、窓側のデスクにいると外気に負けてしまい、毛布を膝にかけながら過ごしました。

東北なので冬は寒い。しかし、仙台は極寒というわけではありません。

仙台は、全国47都道府県の中で、真冬日と真夏日の日数の合計が、最も少ない都市なのだそうです。つまり、暑すぎる日と寒すぎる日が少ない。気候的には過ごしやすいということになるでしょうか。都心部だと、雪もほとんど積もりません。

仙台市の就活支援サイトの中にあるUIJターンをアピールするページでグラフを見ました(本記事冒頭の画像)が、真冬日はほとんどない。一方で、真夏日が35日。東京が60日、大阪が79日だから、かなり少ない部類です。

真夏日は30度以上なので、7、8月の2か月間=62日間と比べても、30度以上の日がその半分程度というのは、かなり過ごしやすい。

実際暮らしてみると、お盆明けてしまうと涼しく感じます。

寒すぎず、暑すぎない仙台。

とは言え、1月のこの時期は寒さが最も厳しい時期。鍋物が恋しくなります。最近仙台名物になってきたせり鍋。前年に続き今シーズンも食べられていません。次に来るときにありつけたらよいなと思いつつ、今日はもっと寒そうな三沢へ移動です。

#日々の戯言

0回の閲覧

About HaraChannel

本サイトは、はらりょうの個人サイトです。プロフィールや活動実績のまとめ、およびご依頼やお問い合わせは、TOPページをご覧ください。執筆した記事はnoteからの転載となります。旧ブログは、Blogからご覧いただけます。​

※本サイトの掲載記事は、筆者の個人の見解であり、必ずしも所属する企業や組織の意見を代表するものではありません。

※掲載記事の取り扱いは、出典ほか特別な注記がない限り、CC-BY-SA-3.0のライセンスに従うものとします。ただし、写真・画像はその限りではありません。

  • Facebook
  • Twitter